※日本電子工業株式会社の健足博士シリーズ



日本初! ふくらはぎが鍛錬できる足裏ツボ治療器


健足博士DX
(上の写真は「健足博士DX」マイナスイオン発生装置付き)

日本電子工業鰍ェ日本で初めて『ふくらはぎの健康運動が可能な足裏反射区電子鍼治療器』を2012年に医療機器としての認定を受け、製造販売を開始しました。
以来、シリーズで10万台を超す隠れたヒット商品となっているようです。

同シリーズの多くが無店舗販売(訪問販売・移動販売・会員販売・講習販売)で販売されているため、「一般の国民」の多くはその存在や効能が知られていません。

当サイトは日本の国民の一人でも多くの方々にこの「健足博士シリーズ」の存在、特徴、購入すべき人のパターン等を丁寧にお伝えできればと思っています。

健足博士の特徴


  • マッサージ機ではない(振動しないから家族、他家に迷惑をかけない。
  • 足裏反射区治療器だから、足の裏のツボを通して全身治療が可能。tv
  • 運動不足解消のための一助となる。
  • 日本で初めて「ふくらはぎの鍛練」が可能な治療器。
    (右のビデオを参照ください)
  • 軽い、小さい、場所を取らない。
  • テーブルの足もとに置きっぱなしにできる。
  • テレビを見ながら、治療と運動。 健足博士
  • 新聞見ながら、治療と運動。
  • 諸雑事をしながら、治療と運動。
  • 家族全員が使用できる。
  • 長期使用可能のため結果的に安い。
  • 他の医療機器や治療器を全て止めても良いくらい。

 

驚く勢いで増え続ける百寿者(百歳以上の方)


百寿者の数は総務省の調査が始まった1963年が153人、2008年発表値は36,276人。2009年の9月10日発表によると、既に四万人を突破しているようです。
長生きできることはありがたい」が医療費をたっぷり使い、孫子を苦しめる介護老人は・・・・・。

平均寿命は90歳以上が予想される。


2008年現在、女性は86.05歳、男性は79.29歳。
2050年には90歳に届くだろうと予想されています。
長生きすれば当然、有病者は増えます。臓器等の異常であれば日常生活に支障はありませんが、足が萎えて歩けなくなることを想像してみてください。

「自分の足でトイレに行けない」生活を想像してみてください。「要介護者」という言葉や、「介護疲れで殺人」というニュースを度々目にします。

今のままで、寝たきりの人生にならない自信がありますか?


老化は自然現象
秦の始皇帝は不老長寿の薬を求めて莫大な私財を投じたと言われますが、寝たきりで長生きしても意味がありません。

許せる老化
  • 髪に白髪が増える。
  • 顔にしわが増える。
  • 物覚えが悪くなる。
  • 物忘れが多くなる。

許せない老化
  • 家族が認識できなくなる(痴呆)
  • 歩いて買い物に行けなくなる。
  • 好きな旅行に行けなくなる。
  • 自分の足でトイレに行けなくなる。
  • 最後の数年間を寝たきりで過ごす。

このような状況になった時は私は「延命治療を拒否します」。

毎日はつらつ8千歩!!


ただ歩くだけではなく、正しい歩き方をしてこそ、貴重な時間を使う意味がある。
一切運動しないより、少しでも外に出て歩くことは健康に寄与しますが、どうせ歩くのであればより効果的な歩き方をしたいものです。
まずは歩き方の三原則を。
  • 30分間以上連続で歩きましょう。(運動場・公園等)
    「歩」という文字は「止まる」を「少し」と書くことに気付きましょう。
  • 大股で歩きましょう。(大股歩きで、ふくらはぎが刺激されます)
  • はつらつと速歩。(だらだら歩きは効果的ではありません)

尿失禁者が増えています。


中年以降の女性に尿失禁者(尿漏れ)が増えている傾向です。これも、運動不足による筋力の低下が原因の多くを占めているようです。

デイサービス


デイサービスが予算化されてことで近年、デイサービスの会社が激増していることにお気づきでしょう。
このサービスを受けることを「当然の権利」とばかりに利用されている方もあるようですが、ここに多額の税金が投与され、このツケが自分の子や孫たちに残ることを自覚している人たちはどの程度いらっしゃるのでしょうか?

整骨院・治療院・足裏マッサージ店の急増。


私が住んでいる都会地だけでしょうか?
利用する駅ごとに何件も、時には何十軒も駅周辺に各種治療院が氾濫しています。私が今住んでいる自宅の近くにも最近、整骨院ができました。駅から15分程度の場所なのに患者さんが結構いるようで驚いています。これも、本人負担が300〜600円程度と安価なためでしょうか?
ここにも多額の税金が使われています。
そういえば私の知人(40歳台)が四十肩で通院しているそうで、『治らないけれど、安いし、少しは楽になるから毎日通っている。』と聞きました。

自助の精神に目覚めましょう!


「医者は患者を助けない、助けるのは患者自身」と良く言われるように、「健康になろうとする意志と、努力なくして健全な肉体は維持できません。
豊かな老後を過ごすために、自助の精神に目覚め、歩ける方は毎日歩く。
歩けない方は健足器を購入し、毎日使用することをお薦めします。

以下のような方に健足器の購入を推奨します。


  1. 日頃から運動不足を自覚している。
  2. 運動が苦手。
  3. 寝たきりになりたくない。
  4. 足を丈夫にしたい。
  5. 痴呆症になりたくない。
  6. 良く眠れない。
  7. 夜中何度もトイレに起きる。
  8. 自律神経失調症だ。
  9. 不定愁訴がある。
  10. 足がむくむ。
  11. 医者に通い続けているが改善しない。
  12. 静脈瘤が心配。
  13. 第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛えたい。

健足器販売サイト紹介


販売サイト 健足博士 快足くん(日本製)
 
 2(埼玉)
極楽仙人、白寿仙人、東洋の達人(中国製)
 
 


Page Top